洗濯水栓シンプレットV960LU-3レバー固着修理

埋め込み型洗濯水栓のレバー固着

洗濯水栓のレバーが動かない

今回の依頼は洗濯水栓です。SANEI製シンプレットのレバー固着です。いわゆるカバー内部に水栓本体が隠れている水栓コンセントと呼ばれているものです。
写真を見て分かるように閉めようとしても固着しており真ん中から動かない状態になっています。コレでは開け閉めできないので新しい洗濯機を設置できないとのことでご連絡頂きました。この症状はカバー内のカートリッジ固着が原因ですのでカートリッジ交換で見積もりを書き、作業開始となりました。

ミニセラ水栓カートリッジPR37-182X-Sの交換

まずはカバーの取り外しから


マイナスドライバー等をカバーと壁との間に差し込んで少しづつテコの原理で、力を加えるとカバーが外れます。その後に丁度洗濯機の給水ホースが接続されていたスパウト部にリングがあるのでそれを外すとカバーを前に外せるようになります。これでカバー内部が見えるようになります。

カバー内部で部品の取り外し




カバー内部が見えるようになったら奥の隙間に物を落とさないようにタオルなどを詰めます。水栓を固定しているネジが左右にありますのでそれを外したら前に引っ張れるようになるので前に引っ張りながらカートリッジ上部のネジを外し白い部品も外します。あとはカートリッジをモンキーレンチ等で掴んで回し外します。この際にカートリッジは非常につかみづらくモンキーレンチを回すのも苦労します。初見はなかなか苦戦します。

あとは部品を変えて最初の状態に



カートリッジを外したら新しいカートリッジを入れてしっかりとキツく締めます。水栓を固定する前に白い部品を取り付け、左右に同じぐらい動く位置を見つけたら白い部品にネジを戻して固定します。その後に水栓を固定します。あとはカバーやスパウト部のリングを戻してレバーがちゃんと左端まで動くのを確認したら完了となります。

普段開け閉めしないお客様も多いらしく、この症状に気づくのも水漏れをしてから閉めようとしても動かないのでそれで連絡というパターンが多いです。普段から開け閉めすることだけでもかなり固着しづらくなりますので開け閉めは使用毎にして頂く事を推奨致します。

「お問い合せ/お申込み」

お問合せ電話番号:0120-136-132
メールフォーム:https://jaguchi.info/contact/

費用について

今回のような埋め込み型水栓の場合は水栓本体がカバーの中にありますので、電話で正確な見積もり費用のお話をするのは難しい内容になります。(事前に目安料金はお伝えできることが多いです)正確なお見積り金額は現地調査で確認させて頂きます。間違いのない内容を提示させて頂きますのでご安心下さい。

対応地域は以下の通りとなります。
対応地域

埼玉県

さいたま市、上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、行田市、羽生市、加須市、久喜市、幸手市、春日部町、熊谷市、深谷市、戸田市、和光市、朝霞市、志木市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町、川越市、狭山市、所沢市、入間市、東松山市、鶴ヶ島市、日高市、坂戸市、三郷市、吉川市、八潮市、草加市、川口市、越谷市、蕨市、蓮田市、白岡市、伊奈町、川島町、吉見町、杉戸町、松伏町
東京都

板橋区 、練馬区、足立区 、葛飾区、北区、清瀬市

  1. DAELIM
  2. ニップル部メッキ剥がれ状態
  3. 90度傾斜洗面蛇口
  4. 新しいスパウトに交換
  5. SANEI製2ハンドル水栓 品番不明
  6. 一体型シャワーホース ホースの中に更に細いホースがあります。
PAGE TOP