洗濯蛇口の高さを上げる工事と壁ピタ水栓交換

洗濯蛇口の高さを上げる工事

ドラム式洗濯機に買い替えようとしたら洗濯機用蛇口の高さが低すぎてぶるかる等でドラム式洗濯機が置けないことが増えているようです。

電気屋さんの配送員がドラム式洗濯機を運んで設置しようとした時になって蛇口の高さが低いことが判明し、洗濯機を持ち帰ってしまうことが増えています。

蛇口の高さを上げる方法は現在ご使用中の蛇口タイプによって異なります。

現在は水しか出ない一般的な単水栓をご使用中の場合

単水栓

画像のような壁から突き出た一般的な蛇口を単水栓と呼びます。お湯は出ない洗濯機用蛇口の多くはこのタイプです。

ご使用中のこの蛇口を手で持ってグラグラと動かないようであれば、壁ピタ水栓という高さを上げるタイプの蛇口に交換することで、ほとんどの場合はドラム式洗濯機を置くことができるようになります。

洗濯用単水栓を壁ピタ水栓に交換

壁ピタ
単水栓をご使用中の場合は高さを上げる壁ピタ水栓に交換することで約13cmほど高くなります。
費用の目安は21,500円から22,500円です。
(多くの場合は材工を含み21,500円で完了していますがザルボの追加が必要な場合は22,500円となります)

お湯も出る一般的な混合水栓をご使用中の場合

混合水栓

画像のようなお湯も出る混合水栓をご使用中の場合は、パイプを延長することで蛇口の高さを上げることができます。

また、お湯は使っていないので水だけ出ればよい場合はお湯側にフタ栓をして水側の給水パイプに壁ピタ水栓を取り付けて高さを上げることも可能です。

埋め込みタイプのパネル型水栓をご使用中の場合

壁にパネル形状の埋め込み水栓がついている場合は簡単に上げることが出来ないため、現状の埋め込み水栓を取り外し壁を開口して高さを上げます。

パネル型の水栓には水しか出ない単水タイプとお湯も出る混合タイプがありますが、パイプ本数が異なるだけでどちらも工事工程は殆ど同じになります。

工事前工事前の写真です。

壁を開口

埋め込み水栓を取り外して壁を開口してからパイプを延長します。

新しい蛇口の取り付け金具を固定

パイプを延長した後で新しい蛇口の取り付け金具を固定します。その後に壁の開口部を埋めて壁紙が貼れる状態に整えます。

工事完了

蛇口を取り付けて水道工事は工事完了となります。

費用目安と開口部の処理について

・壁を開口しての水栓高さ上げ工事の費用目安・・・税別50,000円よりお見積り・・・パイプや壁材の種類や蛇口タイプにより異なる場合がございます。

・壁の開口部の処理は下記のような選択肢があります。

開口部の処理1)壁の開口部をふさいで開口部の大きさの白っぽいパネルを貼る1000円から1500円程度のパネル代金追加

開口部の処理2)開口部に現在の壁紙と似ている壁紙を貼る(似ているものを持参しますが実際は色や模様が異なります)5000円追加

開口部の処理3)内装業者に依頼して洗面脱衣所の壁紙を張り替える(内装業者の見積もり)

対応地域

東京都

足立区 、荒川区 、板橋区 、江戸川区、葛飾区、北区、江東区、杉並区、墨田区、台東区、練馬区

※東京都内の次の地域は上限を3000円としてコインパーキング利用料金の実費負担をお願いいたします。

中央区、千代田区、豊島区、中野区、新宿区、文京区、港区、目黒区、渋谷区、世田谷区、品川区、大田区、台東区上野と東上野


埼玉県

さいたま市、三郷市、吉川市、八潮市、草加市、川口市、越谷市、春日部市、蕨市、戸田市、和光市、朝霞市、志木市

(さいたま市大宮区の大宮駅に近い地域は上限を3000円としてコインパーキング利用料金の実費負担をお願いいたします)


千葉県

松戸市、流山市、柏市

お問合せ・お申込み

お気軽にお問合せ下さい!
写真送信メールフォーム
PAGE TOP